フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
12 * 2006/01 * 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/30
パン・パシフィックホテル(プールサイド)
パン・パシの続きです。今回宿泊した最大の理由が、この
プールなのです。プール付きのホテルを選ぶ場合、もっと
良いところもあると思うのですが、マラテ・エルミタ近辺
の方が都合がよいのでここに決めました。渡比前は、さあ
プールサイドでまったりするぞ!と意気込んで行ったの
ですが、なかなか思うように時間がとれず、結局3時間程
居ただけでした。この日は天気もあまり良くなく、突然の
雨に見舞われたりして、何のためだったかって感じでした。
まぁ、それでも一応雰囲気は楽しめたので良かったです。
あと、プールサイドのお兄さんがきびきび働いている様子
は気持ちよかったです。純と高杢は女の子を放り投げて、
そのお兄さんに怒られてましたけどね。それでも彼らは
楽しそうにしてました。ちゃんと女の子付きでしたから。
私はといえば、その時私だけパートナーが居なかったので
寂しかったです。昼過ぎに着く予定だったHちゃんが、
フィリピン時間のためまだ来てなかったからです。彼女
が着いたのは夕方5時頃でした。(悲)

プールサイドとそのエリアから見える風景です。


DSCF0560-01.jpg

DSCF0561-01.jpg

DSCF0554-01.jpg

DSCF0565-01.jpg

DSCF0566-01.jpg

DSCF0567-01.jpg

スポンサーサイト
01/29
パン・パシフィックホテル(室内)
いつもエルミタのホテルに泊まっているのですが、今回は
4日目と5日目にパン・パシフィックホテルに泊まりました。
ロビーからしてさすがに高級感があります。ベッドルームは
可もなく不可もなくですが浴室が豪華です。こんな浴室だと
あんな事やこんな事をしようなんて凸も想像も大きく膨らま
している方もいるだろうと、容易に想像がつきます。一番
安い部屋でこれなんですから高い部屋はどうなっているん
でしょうね?これ以上高い部屋に泊まることはないと思い
ますので、きっと永遠に謎ですね。満足度の高いホテルには
違いないと思いますが、私の泊まった部屋は、たまたまだと
思いますが冷蔵庫がぬるかった。カードキーの入室も、何回
か抜き差ししないと開かない事もありました。最終日には、
トイレの流れも悪くなってしまいました。説明するのも面倒
だったのでそのまま帰ってきましたが、今度泊まることが
あれば、きちんと話して部屋を変えてもらうなりしたいと
思います。あと、ホテルタクシーにしても、飲み物や朝食も
現地価格に慣れてしまった後では高く感じられましたが、
それは仕方ないので文句の付けようがありません。しかし
ながら満足度の高いホテルには違いないと思います。

DSCF0543-01.jpg

DSCF0544-01.jpg

DSCF0548-01.jpg

DSCF0547-01.jpg

DSCF0545-01.jpg

01/27
Miss Universal
4日目、ミスユニに行ってきました。ここでもロビンさんの根回し
のお陰ですんなり入店することが出来ました。ロビンさんに感謝!

店内に入ると、お客も女の子もすごい人数でした。ステージ上では
服を着てる子もそうでない子も代わる代わる壇上に上がっています。
勝手もよく分かってないので、しばらく純と二人でビールを飲み、
まったりしてました。30分くらい経った頃、ママにロビンさん
お薦めの女の子はいるかと訊ねると、既に先客があるとのことで、
違う女の子を紹介してもらうことになりました。5分後ママが
連れてきた子は、そのお薦めの女の子の妹と、お母さんが日本で
歌手をしているという女の子でした。ここの女の子は、日本からの
お客さんも多いため日本語を勉強してるとのことで、会話も順調。
2人とも可愛かったので、よっぽどBFしようかなと考えましたが
今日は見学と言い聞かせてこちらに来たので我慢しました。隣に
付ける女の子によるところが大きいのですが、私的にはとても満足
できました。次は是非BFに挑戦しようと心に誓い、その後1時間
ほど話してミスユニを後にしました。
DSCF0549-01.jpg

01/25
L.A.CAFEで・・・
エアーフォースワンに行った後、他にすることもないのでLAに行く
ことにしました。着いたのは8時半くらいだったと思います。いつ
ものようにビリヤードをしていると、純が何かを指さしています。
その方向を見てみると、『ロビソだよ!』の生カキコ発見!昨晩、
エドコンでお会いしていたので、自分の中では既にネットだけの
世界ではなくなっていたはずなのですが、妙に感動を覚えました。

DSCF0541-01.jpg

【拡大写真】

DSCF0541-02.jpg


この日は、ビリヤードをしたり飲んだりしながら、かなりまったり
してました。気が付くと11時を回っています。どうしたものかと
思いながら、PPで知りあったベティにテックスしてみますが、
返事は来ません。さすがにLAの女の子を連れて帰る気にもなれず、
もう少ししたら帰ろうかと純と話していました。再びビリヤードを
していると、話しかけてくる人がいます。誰だろうと見てみると、
ロビソさんでした!カウンターの奧の台でビリヤードしてたとの事。
折角ですから一緒に突きましょうということになって、一旦キュー
を取りに行かれました。他に3人連れて戻ってこられると、「TAKA
さん、キョウマさん、Jollibeeさんです。」と紹介されました。
『うわぁ~、名前知ってる人ばっかりじゃん』と内心思いながら、
再び感動モードに入っていました。LAのアーチーも交え、交代で
プレイしたり色々話をしながら、更にまったりモードに。この時は
すっかり時間の経つのも忘れて、結局ホテルに戻ろうと思ったのは
午前4時半頃でした。
01/25
純のこぼれ話
ロビンさんにエドコンをぐるっと一回りお付き合いして頂いた後、
Bullets and Arrowsに純を一人残してきたときの話。当然、後から
聞いた話なのですが、彼は隣に付けた子の歳が19歳と知ると、
何を思ったのか「愛のないセックスはしてはいけない」と、この期
に及んで説教を始めたそうです。英語もタガログもほとんどダメな
彼が、どうやってそれを伝えたのか実に不思議なことなのですが、
幸いというか当然というか、きっと伝わっていなかったというのが
実状だと思います。その間私はSAMBAでNちゃんをゲットし、噴水前
にたたずんでいたロビンさんと合流していました。吃驚したことに
その時ロビソさんもいらっしゃってご挨拶となった次第です。そう
こうしていると、純が出てきて「決めました!」というので、女の子
が着替えて出てくるのを待ち、ロビンさん、ロビソさんとお別れして
ホテルに向かいました。

純はタクシーの中で、「疲れたし一人で寝たいのでショートで帰そう
かな」と漏らしておりましたが、翌朝朝食を食べに行くと2人で居る
ではありませんか!不思議に思い訊ねてみると結局朝まで3回凸凹
したそうです。説教までしてショートで帰す予定だった子と3回です
からね~。私も聞いてて呆れてしまいました。本人曰く「仕方ない」
事なのだそうです。睡眠不足のためか、日本語さえもおぼつかなく
なっていた純なのでありました。
01/24
エアーフォースワン
渡比2日目。用事も早々に済んだので、夕方エアーフォースワンに
向かいました。私にとってフィリピンに行くようになって初めての
マッサージのお店です。エルミタクラブのデータベースを日本から
印刷して持っていき、颯爽とタクシーに乗り込みました。センティ
ニアルを過ぎてから、今か今かと思いきや結構な距離がありました。
運ちゃんも途中で車を止め、何人かに聞いてようやく到着です。

今思えば、この時既に舞い上がっていたのでしょう。タクシーを降
りて、まず手前奧へ行きました。お店も何もありません。反対側に
歩いて行くとようやく見えてきました。入り口でデジカメを預けて
階段を上がります。『これがあの赤い絨毯か!』と感心しながら、
一歩一歩踏みしめていました。2階へ上がりキョロキョロしながら
奧へ進み、迷わずエスカレーターで1階に降りて行きました。あれ
だけデータベースを読んでいたのになんたる失態でしょう!2階が
エコノミーだということは頭から吹っ飛んでおりました。気付いた
のは女の子を選んだ後。でも可愛い子でしたので良しとします。
また次回行ったときにエコノミーに行けばいいだけの事ですから。
素早く頭を切り換えて女の子を待ちます。部屋まで案内してくれた
お兄さんが何か飲むかと聞いてきたのでコーラを頼みました。P115
支払うハメに。水はサービスだそうです。(悲)部屋はシックで、
かなりの広さでした。何とも落ち着ける空間だなぁと眺めていると
女の子が入ってきました。選んだときは座っているので分かりません
でしたが、思った以上に背の低い子でした。ぎこちない会話をしな
がらシャワー室で全身をくまなく洗って貰い、マッサージ開始です。
私は、マッサージはハードにやって貰わないと効かない方なので
はっきり言って物足りません。まぁ元々期待はしていませんでした。
というかスペシャルしか頭にありませんでしたから!そんなわけで
スペシャルに突入です。舐め舐めから始まっていい気持ちでいると、
凸に素早く帽子を被せてゴムチュパ。ちょっとがっかりでした。
その後は申し分なく、時間まで楽しんで終了。この日は、ビジネス
コース90分で締めてP4000。純を待ってる間、コーヒーを頼み、
P325支払いました。美味しかったけど全く現地価格じゃありません。この後同じ建物にある焼き肉屋で食事をして、L.A.に行きました。

次回はエコノミーに行って、マッサージは程々にしてもらおうと
思ってます。タトルーハンに挑戦ってこともあるかな?!

最後になりましたが、通り沿いからよく見える看板と入り口付近の
写真です。入り口付近の写真は逆光なので見づらいです。
行かれる方は目印にしてください。
DSCF0539-01.jpg

DSCF0540-01.jpg

01/21
SIMロック解除
私のGSM携帯にSMARTのSIMロックがかかっていましたが、
渡比前にいろんなHPを検索していると、現地で解除できることが
分かりました。早速現地の友人に話してみると、ロビンソン内でも
出来るという話を聞いて、早速行ってきました。テレコムワールド
というHちゃんに携帯を買ってあげた場所なのですが、ここで解除
してもらいました。値段はなんとP100!友人に付き添ってもらった
ので、現地価格だそうです。日本人価格は分かりません。メーカー
や機種の詳細までは聞いてないのですが、現地で買ったものなら、ある程度対応可能ではないかと思っています。5分ほどで済みましたので、誤ってロック有りの携帯を買った方は、一度訊ねてみては如何でしょうか?その時はオープンライン!と言って下さいね。

晴れて解除となった私の携帯ですが、今は友人の高杢の所有です。(買ってもらいました) 私は渡比前に新しい携帯を物色して
いたので、物欲に勝てず新しいのを買ってしまいました。
01/20
追い込み
あまり友人ネタばかり書いていると、顰蹙を買いますので
自分の話をします。昨年の1月に初渡比したことは前述の
通りですが、今月の渡比で8回目となりました。その中で
たくさんの女の子と知り合いになったわけですが、携帯を
持っていると、縁が切れたと思っている子からもテックス
やワン切りが入ってくるんですね。面倒臭くなってしまう
ので返信などはよっぽど気が向いたときしかしませんが、
本当にうんざりしてしまいます。まだ紹介していないCは
ワン切りが一度あっただけなのですが、K2号はテックス
もワン切りも数回、日本のPPでタレントだったベティは
1年以上ぶりに会ったのですが、後半は会えずじまいで、
テックス攻勢かけられました。帰国前日には、恐れていた
K1号からもテックスが入りましたし、友人Aの元オキニ
からもワン切り数回。前に行ったことのある現地PPの子
からも、さっき外で見たとテックスが入る始末。不思議な
ことに直接番号を教えた事のない子達が、いつの間にやら
自分の携帯番号を知っているんですね。ピナの連携は想像
以上のものがあります。なぜこんなにテックスやワン切り
が多いのかというと、私の接し方の状況にもよりますし、
女の子達もそれぞれ理由はあるのですが、最終的に愛では
ない何かということになります。決してもててるわけでは
ありません。マハルコちゃんのいる方などは、このような
状況になることはあまり考えられませんが、私の場合は、
疑似恋愛を楽しんでるだけですので仕方ありませんね。
追い込みかけられるのも、テックスやワン切りで済む程度
なら問題ないのですが、それ以上のことのないように注意
したいと思います。
01/19
ロビンさんとの出会い
今回の渡比でロビンさんと出会えたことが、私にとってはある意味
純が木馬で鐘を鳴らしたことよりも大きな出来事でした。rockyさんもご自身のブログ内で書かれていますが、やはりフィリピン関係を検索
する方々にとっては、カリスマ・アイドル的な存在と言っても過言
ではないと思います。実際私もそう思っている一人です。(rockyさんもロビンさん同様です!)

そもそも今回お会いできた経緯を申しますと、何故だか分かりませんが、ある日突然マニラ塾にこのブログがリンクされていました。私に
とっては青天の霹靂。遠い存在だと思っているブログにリンクされ、
すっかりパニクってしまい、一瞬何の事だか理解できませんでした。
これは御礼のメールをしなくては!と思ってメールすると、マニラに
来たときは連絡下さいと優しいお返事を頂き、今回お会い出来たと
いうわけです。

マニラ到着初日、一通り用事を済ませてロビンさんに電話しました。
どこで会いましょうか?という話から、私たちが行ったことのないの
ならエドコンにしましょうということになりました。とりあえず
コットンクラブに入りビールを飲んでいると、ロビンさんから電話が
あり、着きましたとの事。入り口付近に向かうとそこにロビンさんが
いらっしゃいました。簡単に挨拶を済ませ、その後はロビンさんの
ブログに書かれている通りです。こうして初対面の時が過ぎていき
ました。

この後エルミタクラブの皆さんにお会いすることになるのですが、
エドコンでの純のこぼれ話も含め、この話は後日アップしたいと
思います。

今回の渡比では、最初から最後まですっかりお世話になってしまい、友人達も大変喜んでいました。是非またお会いしたいと思っています。
01/18
生男 高杢
友人Cより昇格の高杢ですが、今回の渡比で純とは違った意味での
偉業を成し遂げました。昨年1月のスービック以来、2度目となる
生姦を達成いたしました。いやぁ~、勇気あります。今回は、どこへ発射したかは聞いていませんが、前回は中だったそうです。その時の相手のBですが、渡比時にL.A.に行くと必ず会うくらいの出席率です
ので、STDの感染率は結構高いと思うのですが、1年経っても症状
は出てないようなので、今のところは安心です。(毒)
ブンディスも心配だったのですが、それも無かったので一安心です。
彼にはなかなか逝けないという弱点がありまして、この時は何度挑戦しても逝けず、とうとう最後の砦を超えてしまったとのことでした。

今回の彼の相手Rですが、昨年7月に渡比した時に出会った子で、
彼の相手にしては珍しく、冗談の通じる優しい感じの子です。私は
フィリピンでの相手しか知りませんが、純曰く、日本でも不思議と
きつい性格の女の子を選んでしまう傾向があるようです。純が木馬で鐘を鳴らした時にも、既に女の子を隣に呼んでいましたが、最初こそ
雰囲気は良かったものの、時折眉間に皺を寄せる表情をしていたり
したので、『今日も同じパターンだな』と純とアイコンタクトして
ました。ロビンさんも「あの子は性格があまりよくないらしいよ」と
忠告してくれたにも関わらず、「敢えて挑戦します」と大見栄切って
いました。その女の子をBFする段になって、今日生理だけどいい?
と聞かれ、OKしたそうです。さすがにこの時は私も「断れよ!」と
突っ込みを入れましたが、もう後の祭りです。帽子も買い忘れたそう
なのでどうするか聞いてみると、「眠いから何もせずに寝ます。」
とのこと。ケチな私には考えられません。翌日訊ねてみると、やはり
何もせずに帰したようです。話がすっかり逸れてしまいましたが、
帽子を忘れたのを心配して、私と純がお裾分けしたのですが、Rとの
凸凹では、面倒臭くなって着けなかったと事後報告を受けました。
Rはいい子なのですが、やはりL.A.に出入りしている以上は、それと
これとは分けて考えないといけません。子供じゃないので、要らぬ
お節介だとは思いますけどね。

いつも逝けない彼ですが、逝けない→ただ動くだけ→大人のおもちゃ
ということで、私達は彼のことを、大人のおもちゃとか、天然バイブ
レーターと言ってからかっています。本人は嫌がっていますが、こう
やって弄られている時は嬉しそうな表情をします。(爆)彼もまた、
純同様憎めないキャラなのです。

【追記】

そういえば、純も北京では生でした!(爆)
01/16
鐘男 純
エルミタクラブをご覧の皆さんは、既にご存じだと思いますが、私の
友人が12日未明、木馬で鐘を鳴らすという快挙を成し遂げました。
彼はこのブログ内でしばし登場する友人Bだったのですが、ロビン
さんの命名により、晴れて純に昇格いたしました。

純の木馬デビューは、昨年11月でした。その時は鐘を鳴らすまでは
いかなかったのですが、私がオキニとまったりしている間に、すっかり出来上がってしまい、ママやウェイトレス達にLDを奢りまくり、鐘を
鳴らせと勧められていました。精算時に結構な額を請求されました
が、「今日は楽しかったので僕が奢ります!」というので、遠慮なく
甘えました。BF代が含まれていることを予め説明しておいたのです
が、この時すっかり忘れていたようです。1ヶ月以上経ったある日、
この時の話をしていたのですが、BF代込みだったと再度説明すると、「損した!」としきりに騒いでおりました。本当に面白い奴です。

純にとっては2回目の木馬訪問となる11日、ロビンさん達と現地で
合流。「鐘!鐘!」と煽られ、じっと鐘を見つめる純。次第にその気
になっていき、とうとう鐘の下に立ってしまいました。ダンサーの
女の子達も前方に集まって来て、その後純は三度鐘を鳴らしました。テーブルとショットグラスが用意される間、純はしばし放心状態です。Tシャツを脱がされ、ボディショットの始まりです。乳首を中心に
ライムを塗られ、塩を振りかけられ、女の子達が代わる代わる舐めていきます。女の子によっては股間に触手を伸ばす子もいたり、自分の乳首にライムを塗りつけ、純の頭を抱えて舐めさせたりする子もいま
した。一通り終わると、私と高杢(同じくロビンさん命名・友人Cより
昇格)が純の乳首を吸いに行きました。大声を上げて叫んでいました
ので、さぞかし後味の悪かったことでしょう。(笑)こうして純の
木馬の鐘の儀式はお開きとなったのです。

ちなみに木馬の鐘を鳴らす代金はP25000。それでもあえて実より名をとった彼の行為は、本当に凄いなと感心しています。是非次は、大きいプレートに挑戦してもらいたいものです。
01/15
帰国しました!
ようやく帰って参りました。今回の旅では、ロビンさんをはじめ、
エルミタクラブの皆さんにすっかりお世話になってしまいました。
本当にありがとうございました。

とりあえず、今回の旅行のことから書いていこうと思ってます。
01/08
行ってきます
明日からまた行ってきます。今度はどんな出会いがあるか、
また、どんな出来事があるか、すごく楽しみです。1週間後
には更新できると思います。それでは・・・
01/08
K1号の場合 第4話
スービック2日目。乗馬クラブがあるというので、午前中は
そこで過ごすことになりました。馬に乗って山道に入って、
また戻って来るという2時間ほどの散歩コースです。初心者の
私にとっては、散歩程度で丁度良かったです。厩務員がついて
いるとはいえ、走り出したら結構怖いだろうなと思いました。
安全の為皆ヘルメットを被っているのですが、K1号のメット
姿に笑いを堪えるのに必死でした。ハットリ君がメット被り、
小さな体は馬の歩調にあわせて小刻みに上下に揺れているので
本当に滑稽そのものでした。

2時間のコースを終えて戻ってくると、皆一様に喉が乾いたと
言い出しました。ミネラルウォーターを買いに行きましたが、
大きいお金ではお釣りが無いと言っています。K1号がP100
紙幣を持っていたので借りることにしました。P50の水を6本
で合計P300です。喉が潤ったところで、K1号が私にこう
言いました。「P300返してよ!」と。この一言でキレモード
にスイッチが入ってしまいました。確かにピナにとっては、
大事なお金だということは理解しているつもりです。当然返す
つもりでしたし、仮に返すのを忘れていたとしても、それ以上
のことはしていました。旅行が終わってからも同様です。とに
かくお金のことを言われたくなかったですね。カリカリしてる
ところへ奴は念を押してきました。フラストレーションが
溜まり過ぎて、今にも爆発しそうでした。

乗馬クラブをあとにして、スービック市街へ入っていきます。
お腹も空いたので、ジョリビーで食べることに。私が皆の注文
をとって列に並びました。一応K1号もついてきました。順番
が回ってきたので注文していると、K1号は「さっき言ったの
やめてあれにする!」と指さしています。私は「お前さっき
これって言ったじゃないか!」と言うと、「これにしたいんだ
もん」と抜かしております。勝手に自分で頼め!と言い放ち、
支払いを済ませて、そそくさと席に戻りました。腹の立つこと
この上なし!私の心の中には、もう余裕という隙間は残って
いませんでした。口も聞きたくなくて、食事が来るのをただ
ひたすら待ち、来てからは無言で食べていました。K1号は
「P300まだ?」と言っていましたが完全無視です。P300を
返せそうなお釣りではないにもかかわらず、見ていたら状況
判断出来るだろうって思いますよね?普通。友人Bは私の様子
を見て笑っていました。

その後、近くにあったゴーカート場でゴーカートをすっ飛ばし
気分も少し落ち着いたので、ホテルに戻ることになりました。
帰りの車中、K1号は携帯のロードが無くなったと騒ぎだし、
あっちに止まれとか、こっちに行けとか我が儘なことばかり
抜かしています。ようやくホテルも近くなって、サリサリで
購入できたようで大人しくなりました。

ホテルに着き、部屋に戻りました。夕食までには時間があった
ので、気をとり直してK1号と少し話をしていました。その中
で、1ヶ月前に韓国人の彼氏がいたと言っていました。1月に
会ったときは、凸凹慣れしてなさそうだったのですが、どうも
その韓国人に仕込まれたようです。更に将来は何になりたいか
聞いてみましたら、看護学校にいっているらしく、看護士に
なりたいと言っていました。凸専門だろうとからかっていると
不覚にも私の凸が反応してしまい、そのまま凸凹に突入して
しまいました。K1号は最中に、しきりに自分の腕や腿をさす
るのでどうしたか聞くと、昨日のジェットスキーで筋肉痛に
なったとのことでした。私は凹を指さして、ここも痛いか?
と聞いたらここは気持ちいいと抜かしていました。顔をみると
ハットリ君を思い出してしまうので、他のことを考えながら、
ようやく逝くことが出来ました。この後、夕食のため再び市街
に行き、韓国料理を食べて帰りました。

翌朝、マニラに戻るために車に乗り込みました。K1号は、
出発寸前にもかかわらず、お土産にTシャツを買いたいから
P100くれとほざいておりました。頭に来たので、出来る限り
の小銭で渡してやりました。Tシャツを買って車に乗り込み、
K1号はこともあろうに寝るから隅に寄れと指図しました。
更に頭に来たので、お前は荷台で寝ろと言ってやりました。
ふてくされてブツブツ言っていましたが、完全無視です。
友人達は膝枕で寝ているのに、私は逆に足を向けて寝ました。
ほぼそのままの状態でマニラに着き、再度2日前と同じホテル
にチェックインして、部屋に入りました。K1号には、今日は
疲れたので家に帰りなさいと言い、荷ほどきをしていると、
後で戻ってきたらいいのか、明日でいいのかと聞いてきます。
その時は連絡するからと言って、家に帰って貰いました。もう
2度と会うことはないだろう、いや、真剣に会いたくないと
考えていました。実際これ以降L.A.でも会っていません。
本当にウザい女でした。

昨年暮れに友人Aが渡比していたときに、K1号を見掛けた
そうです。L.A.の用心棒のアーチーは、私が1月に来ると、
K1号に教えたそうです。2度と会いたくないのですが、L.A.
には行くと思いますので、何か良い策は無いかと思案中です。
それに、まだブログで紹介していないK2号の捜索の網に
掛からないように注意しなければいけません。次第に世間が
狭くなってきました。
01/07
K1号の場合 第3話
ホテルに戻り、凸凹開始しました。前回の時よりも慣れた感じ
でした。この時は、あれ?少し様子が違うぞ!くらいにしか
思いませんでしたが・・・

翌日、次の日にスービックに行くためにロビンソンで買い物。
K1号に水着や下着など買ってあげるためです。これまた前回
と様子が違い、いくつ買っていいの?とか、これもいい?とか
しきりに聞いてきます。控えめだった彼女の面影はありません
でした。言われるがまま買ってあげて、ホテルに戻りました。
夕食までには時間がありましたのでまったりしていると、もう
すっかり彼女のつもりでいるようです。こちらとしては、別に
お願いしたわけではないんですけどね。なんだか前回との様子
の違いに、ただただ困惑している私がいました。その後、夕食
を済ませビリヤードをしに行きました。賭けに買ったので、
P400は彼女にあげました。次の日の朝が早いので、ホテルに
戻ることになりました。

早朝、スービックに向けて出発です。車中では、皆で冗談を
言ったり、仮眠をとったり、それぞれの女の子と会話したり
といった感じで過ごしていました。私もK1号と話をしていた
のですが、友達と写っている写真を見せられ、誰が一番可愛い
かと聞いてきます。正直K1号は童顔ですが、可愛いというと
?が付きます。友達にも可愛い子はいませんでした。答えに
困るので、話を変えたり寝たふりをしたりしていましたが、
それでもしつこく聞いてきます。私は面倒臭くなって、君だよ
と言って速攻寝ました。気持ちよく寝てると、K1号にCDを
聞けと起こされました。これは日本の曲だけど知ってるか?
とか、あれを聞け、これを聞けと何度も言ってきます。この時
私の中で、K1号のウザい度が急上昇していました。

ホテルに到着後、すぐにジェットスキーなどしました。暫く
海岸でまったりしていた時に、夕食の話になりました。今回は
スービックの街に出掛けて食べることになりました。(前回
ホテルの料理がイマイチだったため)タクシーに乗り込み、
様子がさっぱり分からないので、街中をぐるぐる回ってもらい
ました。スパニッシュゲート?っていう門(史跡?)があり、
その隣に同名のスペイン料理屋がありましたので、そこに入り
ました。値段は高かったですが、料理は結構美味しかったと
思います。食事が済み、まだ時間が早かったため、お決まりの
ビリヤードです。歩いてすぐのところに、ビリヤードの出来
そうなお店を発見し、中へ入ってみると、女の子がたくさん
いました。KTVとゴーゴーバーの中間のようなお店だった
と思います。綺麗な子もそうでない子もかなりの人数でした。
思わずK1号と見比べて失敗したと思いました。だってK1号
は見れば見るほど、忍者ハットリ君なんですもの。友人Aに
その話をすると、確かに似てると大笑いです。そういう友人A
も、連れていたのがエテ(猿系なのでこう呼んでいる)でした
ので、俺達ってどうしてこんなの連れてきたんだろうと、自己
嫌悪に陥ってしまいました。ホテルに戻った後も、さすがに
自己嫌悪から立ち直れず、結局この日は凸凹しませんでした。
01/06
K1号の場合 第2話
3月の渡比時の話。K1号とスービックの約束はしたものの、
行くまでは他の女の子と楽しいことがしたかったので、初日の
夜早い時間にL.A.へ出掛けました。すると友人のスービックの
パートナーだった子(B)がいてしばらく話をしました。その
子は気を利かせたつもりで、K1号を呼ぼうか?と聞いてきた
ので、後日自分で連絡するからと言って断りました。その後
L.A.内を探索し、割とすぐに仲間由紀恵の顔を少し細めにした
ような綺麗系の女の子がいましたので、迷わず彼女をお持ち
帰りする事にしました。凸凹終えたら飲みに行こうと、友人と
打ち合わせしていたので、部屋に行き早速凸凹開始。体も軽く
なり、約束の時間が来たのでロビーに行き、女の子を帰すこと
になりました。友人の一人は、気に入ったのでそのまま連れて
行くと言い出しました。それならどうぞお好きにということで
ホテルをあとにしました。50m位歩くと、BとK1号、女
連れの友人がスービックに連れて行ったLの3人が待ち伏せ
していました。

*分かりにくいので状況説明*

友人A、私&K1号、友人B&一緒にいた女&L、友人Cの
元パートナーB(この時友人Cは渡比していません。)

友人Bはかなりバツが悪いらしく、発見した瞬間に顔が歪み、
今にも溶けそうな表情をしていました。結局7人でマビニの
PPに行くことになりました。店に入って席に着き、女の子
を指名します。一段落したところで、私とK1号は再会を
喜び合い、友人Aは普通に女の子とはしゃいでいました。友人
Bは口数も少なくなり、連れの女とろくに話もせず、ステージ
で楽しそうにチョコラテを踊るLを眺めながら、ガンガン
テキーラを呷ってました。2~3時間ここで過ごし、ホテルに
戻りましょうということになりました。友人Bは、連れの女を
帰し、Lと一緒に帰ることになりました。こうしてK1号との
再会の夜が過ぎていきました。(あと1日再会が遅くてもいい
と思っていたのですが・・・)

01/04
K1号の場合 第1話
スービックから帰ってきて、Jちゃんとお別れした後に知りあったのが
K1号。(イニシャルだと限界がありますね^^;)20歳の学生で、
友達3人とL.A.に出勤?していました。聞いた話では、学校の暇な
時期だけ来ているとのことです。小柄でウブな感じでしたので交渉
開始。残り日数が1日半であることを伝え、ずっと一緒に居れるか
どうか聞いてみたらOKでしたので連れて帰ることにしました。
控えめながら、時々甘えて見せたりします。性格や方法は人それ
ぞれ違うものの、基本的にピナは甘え上手ですから、当然と言えば
当然ですね。本当に優しくしてくれましたし、色々気遣いを見せて
くれてたのでいい子だなぁと思いました。凸凹の相性はそれほど
良くはありませんでしたが、3月に来たら一緒にスービックへ行こう
という約束もしました。

あっという間に時間は過ぎ、帰国の日となりました。早朝というよりは
深夜に起きて帰り支度をしました。彼女も起きて身支度を終えて、
少し話しました。空港まで見送りに行くというので、特に断る理由も
ありません。来てもらうことにしました。車中では「行っちゃダメ!
此処に残って!」と何度も何度も言っていました。「3月にまた来る
からね!」と言い残し、少しだけ後ろ髪を引かれる思いでマニラを
離れました。
01/02
明けましておめでとうございます。
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、今年の目標です。

1.昨年同様もしくはそれ以上の頻度で渡比する。(7回以上)
2.ブログの更新頻度を上げる。

目標という程ではありませんが、未体験のものを、
情報収集を兼ねてこまめに克服していきたいと思います。

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。