FC2ブログ
フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
08 * 2006/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
09/25
さっぱり!
行きはBTSでしたが、帰りは地下鉄に乗ってフアイクアーン駅に
向かいました。出口に向かうと長いエスカレーターがあって、そこ
には足の綺麗なお姉さんがいました。暫し見とれながら出口を通過。
けっして尾行したわけではありませんが、偶然にも同じ方向へ彼女
は向かっています。これはひょっとして?などと思っていると、私
の目的場所へ彼女は入っていきました。そこはナタリーというMP。
ここへ再び来ることは渡泰前から考えていたことでした。中に入ると
先程のお姉さんはどこかに消えていました。私はコンチアに案内され入り口に近い方の女の子から説明を受けていきます。流石に可愛い
子が多かったのですが、この日の目的はマットでしたので、ぐっと
堪えて金魚鉢の前までやってきました。中に入っている5人ほどの
女の子を見渡すと、白い服が印象的だったのでその子を選びました。

彼女が出てきて一緒に部屋に向かいます。汗濁の私のTシャツに
気付いた彼女はすぐ脱ぐようにと言いました。私はそれに従い、
Tシャツを脱ぎましたが、まだクーラーが効いてなかったので
暑いのはさほど変わりませんでした。彼女がお風呂にお湯を溜め
ながら、いそいそと準備をしています。私はぼーっと言葉の分か
らないTVを眺めていました。すると彼女がやってきて、少し
だけ会話をしました。この時にいつもは忘れがちな写真撮影を
お願いすると、なんだかんだ言いながらもOKしてくれたので
1枚撮りました。その後しばらく彼女はマッサージしてくれて
疲れた身体にはとても心地よかったです。そして言われるがまま
全部脱いで2人でお風呂へ行きました。髪の毛から爪先まで隅々
まで丁寧に洗ってくれて、歩き疲れて汗濁になっていた私は
さっぱり気分爽快。すると彼女は外に出てマットの準備をして
います。てっきりローションかと思っていましたが、大きな盥に
洗剤をたくさん泡立ててマットの上に少しずつこぼしていきました。
その時呼ばれて私はマットの上に俯せになりました。彼女は残りの
泡を私の背中に塗り、彼女も身体に泡を塗って私の上に覆い被さ
ってきました。久し振りのマットでしたので気持ちよかったのは
言うまでもありません。次に仰向けになり、あちこち刺激して
もらってマット終了。綺麗に洗い流してもらいベッドに行きました。
再びベッドで軽くマッサージをしてくれたあと、帽子を被せて
チュパ。その後凸凹に突入して昇天しました。その後少し話をして
から着替えてナタリーを後にし、再び地下鉄に乗ってホテルに戻り
ました。
スポンサーサイト
Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.