フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
06 * 2017/07 * 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/29
EIEC その後
EIECを後にして向かったのはエルミタのHarry's。ここは私達が
よくビリヤードするところです。まずトトさんと私が対戦。その
後、トトさんとBちゃんが対戦しました。昼間Bちゃんのゲーム
を見てなかったのですが、あらためて見るととにかく下手。下手
な私が私が言うのもなんですが。。。トトさんが気を遣って態と
外したり、やり直ししてあげたりしてて笑えました。今度は私と
Bちゃんが対戦。私は性格が悪いので(笑)人の女には容赦しま
せん。当然圧勝しました。するともう1回と言っています。仕方
ないのでもう一度対戦しましたが、今度も圧勝。更にもう1回と
言いましたが、断って休憩しました。以前トトさんの彼女だった
バービー(この話はまたあらためて記事にします)もそうだった
のですが、この負けず嫌いはどっちもいい勝負でした。この後、
トトさんと再び対戦したのですが、その時知らない番号からコール
の嵐。誰だ?と思いながら無視していました。今度はTXTが入り
読んでみると性獣からでした。おそらくJちゃんから聞いたので
しょう。内容は"ここで待っている"とのことだったので、ここって
どこだ?と思いながら、トトさんにそのことを伝えました。

私 「トトさん、これって性獣の番号ですか?」
ト 「ん?ちょっと待って。。。あ!そうだ!」
私 「ここで待ってるって書いてありますけど、まさかホテルじゃ
   ないでしょうね?」
ト 「怖いこと言わないでよ!」
私 「いや、別に怖がらす為に言ってるわけじゃないですけどね」
ト 「いたらどうしよう」
私 「どうしましょうね?とりあえずカメラ忘れたんで、様子見
   がてら取りに行ってきます」
ト 「お願いします」

私は一旦ホテルに戻りました。ロビーに性獣がいないのを確認して
再び戻ってトトさんに報告。ほっと胸を撫で下ろしていました。
彼曰く、この日のBF代も払っているのでサンバにいるだろうとの
ことでした。その後写真を撮ったりしてまったりした後、Bちゃん
の一声でカラオケに移動しました。

場所をマラテのMusic21に変えてカラオケ大会。Bちゃんはノリノリ
で歌っていましたが、これがまた吃驚するほど下手です(笑)それ
だけならまだしも、人が入れた曲もマイクを取って熱唱しています。
これが歌いづらいのなんのって。。。ただ閉口するばかり。それに
BちゃんはYちゃんに指図して、あれを入れろこれを入れろと兎に
角五月蠅い。そして今度はタガログのラブソングらしき歌を3曲程
熱唱しながら泣き出しました。聞いてみると、折角トトさんと出会
ったのに明日でお別れなんて辛すぎる、ということでした。仮に本人
が純粋な気持ちで言っていたとしても、端から見てるとやりすぎ?
だろうとしか映らず、私はなんだこいつって思いました。トトさん
には悪いですが、自分がBFしなくてつくづく良かったと思いました。
トトさんは私とは違い、彼女に対して可愛いところあるじゃん!と
思っていたらしく、この時はさほど苦にならなかったそうです。
1時間ほどでお開きになり私達はホテルに戻りました。

部屋に入り私はYちゃんはソファに腰掛けて話をしました。すぐに
Bちゃんの話になり、Yちゃんは怒りを私にぶちまけてきました。
私も同じように感じていたので、激しく同意しました。あまりに
熱を入れて話していたのであっと言う間に2時間経過。そろそろ
寝ましょうということでお互い交代でシャワーを浴びてお約束の
凸凹。終わるとすぐに就寝しました。

次の朝、先に朝食を頼んでいた私達のところへトトさん達が登場。
その直後に私とYちゃんの朝食が運ばれてきました。食べ始めた頃、Bちゃんは私にこう訊ねてきました。

B 「私とYちゃんとどっちがマガンダ?」
私 (はぁ?お前普通そんなこと聞くか?確かに君は可愛い顔だし、
   自分でも自信があるかも知れないけど、お前の性格は私から
   見たら最悪の類だよ)
  「当然Yちゃんだよ」
B 「なんで?」
私 (絶句・・・・・)

こんなやりとりをしていたらYちゃんの朝食が来ました。すると
BちゃんはYちゃんに断ることもなく、彼女の頼んだソーセージ
を自分のフォークに刺して今にも食べようとしているではありま
せんか!私は頭に来て戻せ!と言いました。すると一口かじって
皿に戻しました。悪びれもせず今度は卵を食べています。私は
本当に最悪な奴だと思いました。なんとか朝食を終えて、私は
Yちゃんを見送りに行き、彼女とお別れしました。

日本に帰ってきてからも、トトさんとこの時の話をしています。
私はトトさんに、彼女は下げ凹ですから関わらない方が良いですよ
と根拠のない理由をつけているのですが、それよりも彼は単純に
性獣の方を気に入っている様子なので、私としても一安心です。
何故なら、個人的には間接的とはいえBちゃんとこれ以上関わりたく
ないと思っているからです。



DSCF0800-01.jpg

スポンサーサイト
この記事へのコメント

この写真の方はどなたですか?
K_MAD [URL] 2006/05/29(月) 21:59 [EDIT]

K_MADさん

これはBちゃんです。
raccoon [URL] 2006/05/31(水) 08:59 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。