フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/15
肩透かし
私は以前、邪な気持ちでハポネーサをゲットするため、チャット
をしていたことがありました。すると一人の女の子が入室してきて
色々話をしていましたが、どこに住んでいるか聞くと上海だと答え
ました。日本語のタイピングも疑う余地がありませんでしたので、
てっきり日本人留学生かなと思っていましたら、日本に留学経験の
ある中国人でした。その後MSNメッセなどでたまにチャットしたり
しましたが、この時は上海に行くことなど考えてもいませんでした
ので、そのまま月日は流れていきました。多分1年くらいは経った
と思いますが、上海行きが決まったのでメールを送りました。彼女
は逢ってくれるというので日時をきちんと伝えて、北京に着いてから
も何度もメールのやりとりをしました。上海に着いてからもメール
しましたが、一向に会える日が決まらず、とうとう帰国直前日に
なってしまいました。私が諦めかけていた頃メールがあり、今日の
夕方ならなんとか会えるというので、待ち合わせ場所と時間を決め
ました。

6時に彼女の職場近くに行かなくてはいけないため、5時10分に
ホテルを出ました。タクシーで30分ほどの距離だというので余裕
でしたが、夕方のタクシーはなかなか捕まりませんでした。気持ち
ばかり焦り、なんとかタクシーに乗り込んだのは5時40分頃。
どう考えても遅刻です。しかも大渋滞。6時5分前に彼女から電話
があり、少し遅れることを伝えました。6時15分頃に再度電話が
あり、今どこ?と聞かれても土地勘のない私は答えることが出来ま
せん。タクシーの運転手に替わり、説明してもらっていましたが、
今度は携帯のロードが無くなり、電話が切れてしまいました。すか
さずメールするも送れません。あとから聞いた話ですが、中国の
携帯はロードが無くなるとかけることはおろか、受けることもメール
の送信も出来なくなるそうです。携帯が使えなくなっては逢うこと
すらできなくなりますので、気持ちはますます焦りました。

約20分遅れで目的地に着き、まずは携帯のロードを補充するため
カードを売ってそうな所を探しましたが、見つかりませんでした。
うろうろしていると、新聞や雑誌を売っている売店を発見。そこで
カードがあるかどうか訊ねたらあるとの事。助かった!と思いました。
売店のおじさんに補充してもらい、ようやく電話を掛けることが出来
ました。

今いる場所を彼女に伝えて、来てもらうことにしました。5分ほど
待っていると彼女がやってきました。簡単に挨拶を済ませ、まずは
お茶しましょうということになり、ケンタッキーでジュースを飲み
ました。20分ほどそこで話をしてましたが、場所を変えることに
なりました。さて、どこで食事をするのかな?と考えながら10分
ほど歩いていると、彼女はそれじゃタクシーを拾いましょうと言い
ました。その直後の会話。

女 「今日はわざわざ来てくれたけど、時間が遅くなったので、また
   今度食事しましょうね!」
私 「(えー!!まだ7時前じゃん!!何しに来たか分かんないよー!)
   え?あ、あー遅れてごめんね」
女 「ううん。またメッセしましょうね!」
私 「あ、そ、そうだね。また今度来るとき連絡するから。
女 「うん!」
私 「今度は一緒にご飯食べようね!」
女 「はい!」

タクシーの窓から小さくなっていく彼女を見ていました(悲)

ちょっと呆然とした私。気を取り直してすぐにトトさんに電話しま
した。

私 「トトさん?出張凸凹は?」
ト 「今来たところ。」
私 「もうご飯食べました?」
ト 「まだだよ」
私 「良かった~ 一緒に食べません?」
ト 「あれ?どうしたの?」
私 「振られちゃいました。」
ト 「へ?そうなの?」
私 「はい。。。とりあえずホテルに戻ります。」
ト 「了解。」

帰りのタクシーは渋滞も無く速い速い!きっちり30分でホテルに
着きました。再びトトさんに電話すると、出張凸凹は帰ったという
ので、トトさんの部屋に行き、その後一緒に南京路に出掛けました。
食事をした後、南京路を外灘まで途中でCDなど買いながら歩いて
行き、外灘の景色を15分ほど眺めてホテルに戻りました。

部屋で荷造りしながらまったりしていると、呼び鈴が鳴りました。
肩透かしを食らったことがあまりにも面白くなかったので、トトさん
経由で現地友人に頼んで、私も出張凸凹を呼んでいたのでした。
この時の小姐はあまり相性が良くありませんでした。実はこの小姐
は今回も再会し、そこで衝撃の事実が判明することになろうとは、
この時予想だにしていませんでした。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

段々今回の訪中に話が向いてきましたね。
衝撃の事実楽しみです。
バクラ関係でしょうか?
FISHさんが喜びそうです!!(爆
amy [URL] 2006/06/16(金) 13:23 [EDIT]

amyさん

いやいや。中国であまりバクラネタは聞いたこと
無いですねぇ。FISHさんには満足頂けない内容
になりそうです(毒)
raccoon [URL] 2006/06/17(土) 01:19 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。