フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/23
彼女が・・・
私達が様子を伺っていることも知らず、彼女は私達の3人
隣くらいまでやってきました。私の隣にはディスコ小姐が
単独男性をしきりに誘っている最中で、話がまとまらなけ
れば彼女が次に誘いを掛けようと考えていたと思います。
しかし彼女の思惑とは裏腹に2人でどこかに移動してしまい
ました。ぽっかり空いたスペースの両際に私と彼女が対峙
するような格好になりました。私は何故か咄嗟に純の方を
向き、彼女に背を向けました。

私 「彼女でしょ?」
純 「あー、うん」

次の瞬間純の表情が変わりました。どうやら彼女と目が
合ったようです。振り返ってみると、彼女が純の顔を覗き
込むように見ていました。会ったことあるような気がする
って顔つきです。次の瞬間、彼女の視線は私に移りました。
2~3秒考えた後、もう一度純の顔を見て、更に私の顔を
見て私達を指さしました。そして満面の笑み。やっと気付
きました。彼女は私と純の間に割って入り、私の方を向き
ました。

私 「久しぶり」
川 「うん。久しぶり」
私 「元気だった?」
川 「元気だよ。何時来たの?」
私 「昨日。でも明日は上海に行っちゃうけどね。」
川 「そうなの?」
私 「うん。それより何か飲む?」
川 「うん」
私 「同じ物でいい?」
川 「うん」

彼女の為にドリンクを注文すると、踊りに行っていた高杢
が帰ってきました。私は彼女に高杢を紹介して、再び話し
始めました。2人の世界に浸りたかったのですが、純と高杢
を目がけて他のディスコ小姐が入れ替わり立ち替わり攻撃
をしかけてきました。余程いい小姐が来たら彼らも断らな
かったでしょうが、私の隣にいる彼女に比べたら雲泥の差。
来る度にすぐお引き取りいただきました。が、純に付いた
一人の女がなかなか離れませんでした。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

なかなか、核心に到達しませんねー!
女の子を焦らすのは、好きなんですが・・・・!!(爆
amy [URL] 2006/06/23(金) 13:21 [EDIT]

amyさん

ごめんなさーい!僕も女の子を焦らすのは好き
ですが(笑)、決して焦らしてるわけではありません。
このところ仕事がハードで時間的にも体力的にも
いっぱいいっぱいです。これが一段落したらマニラ
に行けるので、それを楽しみにガンバッテマス!
その前にまた直メールしますね。
raccoon [URL] 2006/06/24(土) 09:17 [EDIT]

オオー!!
お互いに仕事を頑張りましょう。
メール待っています。
都合が合えばマニラで会いましょう。
Eさんの女性の見分け方講習を受講しましょう。(爆
amy [URL] 2006/06/24(土) 10:18 [EDIT]

amyさん

はい、頑張りましょう!夜もね(笑)
必ずメールします!
raccoon [URL] 2006/06/26(月) 04:19 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。