フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
08 * 2017/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/03
気を付けよう(笑)
あっという間にリニアが駅に着き、そこからホテルまでタクシーで
移動です。ホテルに着くと、まだ部屋が一つしか用意できないとの
ことで、とりあえずその部屋に荷物を入れて出掛けました。近場で
所用を済ませると、もう午後1時半頃になっていました。そこから
豫園に移動し、大衆的な中華料理の店で昼食。可愛らしいビール等
の売り子さんがいました。

私 「あの子可愛いですね」
ト 「あ、やっぱりそう思う?」
私 「ええ、あの子連れて帰りたい♪」
ト 「あはは、同じ事考えてるね。あの子だったら面倒見ても
   いいな」
私 「また始まりましたね?!」
ト 「いつもこんな事ばかり言ってるね」

本当にいつもこんな馬鹿なことばかりトトさんと話しています。
食事を終えた後、近くのある真面目なお店に入りました。私達が
入店しても店主はむっつりした顔で挨拶もしません。いろいろ眺め
ていると、トトさんが気になった物があり見せてくれるように頼み
ました。すると店主は黙ったままショーケースを開けてくれました。
私達はそれを見ながらあーでもないこーでもないと話した後、御礼
を言って元に戻してもらい、また別の物を見せてもらいました。
トトさんはその品物を大変気に入ったので、値段交渉を始めました。

ト 「多少銭(これいくら)?」
店 「両千(二千元)」
ト 「ちょっと高いよねー」
私 「そうですね」
ト 「1600位にしてもらおう」
私 「そのくらいになるといいですね」
ト 「(電卓に1600と表示して)可以嗎(いいですか)?」
店 (首を横に振り、電卓で1800を表示させる)
ト 「1800だって。どうしようかな?」
私 「もうすこしまけて貰った方がいいんじゃないですか?」
ト 「そうだね。(電卓に1700と表示して)可以嗎?」
店 (また首を横に振るだけ)

その時トトさんが今まで見たことのないような行動に出ました。

ト 「(店主の腕を掴んで)お願い!お願いだから1700にして!」

店主は首を横に振り続けています。トトさんも負けていません。

ト 「お願い!お願い!あなた顔怖いだから!」

それを聞いていた私は大爆笑してしまいました。するとようやく
店主が口を開きました。

店 「コワイジャナイヨ!」

一瞬固まりました。

店 「ワタシ、カオコワイジャナイヨ!」

ここで止めては不利になると判断したトトさん。

ト 「お願い!顔怖いだから。1700にして!お願い!」

その後店主はにこっと笑い、流暢な日本語で話し始めました。結局
1700にはなりませんでしたが、私達と店主は打ち解け、その後暫く
日本語で色々話をしました。こちらの店主は東京に7年いたとの事
でした。日本語が流暢な筈です。

店を出てタクシーに乗り込んでからの私達の会話。

私 「吃驚しましたね」
ト 「本当吃驚したね」
私 「あんなに話せるなら最初から話してくれればいいのに」
ト 「そうだね。でもプライドがあるから話さないのかもよ?」
私 「そういうものですかね?あれだけ立地条件の良い所だから
   日本語で話しかけたら結構な商売になると思うんですけど」
ト 「まぁ本人のスタイルなんだろうね。でも恥ずかしかったなぁ」
私 「あはは!やっぱり恥ずかしかったんですか?」
ト 「恥ずかしかったさ!急にコワイジャナイヨだもん。あれで
   引いたら駄目だと思ってお願いし続けたさ!」
私 「あんなトトさん、初めて見ましたよ!お願い攻撃なんて。
   新たな技が増えましたね!」
ト 「自分でも吃驚したよ。あんな行動に出るとは・・・」
私 「しかし下手に日本語で好き勝手なこと言えないですね」
ト 「本当そうだね。でも僕達にはタガログ語があるからね!」
私 「そうですね。でもあの店主も日本にいる時にPP中毒でかなり
   のベテランだったらどうします?しかも僕達よりも格段に
   上手かったら?」
ト 「あはは!そうなったら謝るしかないな!」
私 「そうですね。2人して頭下げましょう!」

皆さんもくれぐれもお気を付けください(爆)
スポンサーサイト
この記事へのコメント

現地で日本語は通じないと思うのはわれわれだけかも?

流暢な日本語が返ってくるときがあります。

十分気をつけましょう。

でも皆さん大変度胸が良いですね。

何処へ行っても十二分に楽しんでらっしゃいますね。
K_MAD [URL] 2006/07/03(月) 17:30 [EDIT]

K_MADさん

そうですね。良い勉強になりました。
確かにどこに行っても楽しいです(笑)でも
注意するべき所は注意しないと楽しいのが
台無しになってしまいますね。
raccoon [URL] 2006/07/04(火) 03:21 [EDIT]

昔、箱根の温泉で隣に外人が居たので『チンポでかいな』と言ったら後でお湯は熱かったですか?と話しかけられその後非常に居心地が悪かった思い出が蘇りました。
ロビソ(そ) [URL] 2006/07/05(水) 11:19 [EDIT]

ロビソさん

確かにバツ悪いですよね。フィリピンにいる時、特に
ババエには気を付けていますが(笑)、この時は全く無警戒でした。
raccoon [URL] 2006/07/05(水) 14:12 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。