フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/04
ついにこの日が・・・
タクシーに乗ってひとまず現地友人の所へ向かいました。その後
所用を済ませると結構な時間になっていましたので、慌ててまた
友人の所に戻りました。ひとしきり話をした後、トトさんの部屋
に2人、例の出張凸凹を呼んでくれるようにお願いしました。
来てくれる時間までにはまだ余裕がありましたので、一旦ホテル
に戻りその後食事に行きました。食事から帰ってきて自分の部屋
で少し荷物整理をしていたら10分前になったので、隣のトトさん
の部屋に行き話をしていると約束の時間になりました。いつもここ
の小姐は時間に正確です。この日も時間きっちりにやってきました。

私 「もうそろそろ時間ですね」
ト 「そうだね。ここはいつも時間きっちりに来るからね」

ドアの呼び鈴が鳴りました。

私 「本当に時間通りですね」
ト 「うん」

そう言いながらトトさんはドアを開けました。小姐がすたすたと部屋に
入ってきた瞬間。

ト 「あ!」

その声に私も反応して小姐を見ました。

私 「あ!」

思わず声を出してしまいました。不思議と2人とも同じ小姐を指さして
います。

私 「あれ?トトさん知ってるんですか?」
ト 「うん」
私 「いつの話ですか?」
ト 「5月の時だよ。あれ?君も知ってるの?」
私 「ええ。4月の時です(ニヤリ)」
ト 「そっか!」
私 「はい。っていうことは、トトさん弟ですね?(笑)」
ト 「そういうことになるね」
私 「兄ちゃんって呼んで下さい!」
ト 「兄ちゃ~ん」
私 「しかしとうとうこの日がやってきましたね。」
ト 「そうだね~。ここの場合は選べないから仕方ないよね?」
私 「そうですね」

だからといってどうってことはないのですが、知らない間に兄弟に
なっていました(笑)

ト 「どっちがいい?」
私 「え?先に選んでいいんですか?」
ト 「いいよ」
私 「本当ですか?」
ト 「うん」
私 「じゃ、こっちで」

私はこの小姐と相性が悪かったことを思い出し、咄嗟に違う方を選びました。

ト 「それじゃ後で」
私 「はい」

トトさんの部屋を出て自分の部屋に行きました。

小 「シャワーどうぞ」
私 「さっき浴びたからいいよ」
小 「そうなの?じゃ始めましょう」

小姐は服を脱ぎ始めました。私も遅れまいと服を脱ぎ捨てていき
ます。裸になってベッドに横たわっていると、小姐も裸になって
私にもたれかかってきました。そして私の乳首を舐め、下に下が
っていきます。

小 「舐めていい?」
私 「うん」

ここの小姐は必ずチュパの前に訊ねてきます。中国の男性はチュパ
してもらうの嫌う人もいるんでしょうか?毎回訊ねてくるので不思
議に思っています。その後はいつものお決まりコースで昇天。お互
いさっとシャワーを浴びた後、少し筆談してお帰り頂きました。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

raccoonさん

なんか忘れてないですか????

実験は・・・???

タイでは忘れないでください!!(爆
amy [URL] 2006/07/04(火) 19:24 [EDIT]

し・しまったamyさんに先越された(笑)

こちらはすでに手ぶらサービスにて人間○学
マニラに向けて発送しましたw
Bengal [URL] 2006/07/04(火) 20:37 [EDIT]

amyさん、Bengalさん

なんか忘れてましたっけ?(笑)
ちゃんと持って行ってますよ・・・
raccoon [URL] 2006/07/04(火) 23:28 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。