フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
08 * 2017/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/08
小姐8
上海最後の夜に、お餅した女の子はランちゃん23歳。日本語を
勉強してから3ヶ月とは思えないほど上手でした。部屋に入って
まずはお話からです。今回の旅では、人間工学を使用する機会が
ありませんでしたので、それとなく前フリしてみました。ここで
プッシュしておかないと前回の仇討ちができません。結構必死に
説明した気がします(笑)

話を切り上げ、交代でシャワーを浴びました。先に上がったラン
ちゃんは既にベッドの中。その時ふとトトさんの言葉を思い出し、
部屋の電気を消してから、徐にカーテンを開けました。さすがに
全開にする勇気はありませんでしたが、シースルーのカーテンを
残したまま私もベッドに潜り込みました。部屋の中は夜景の灯り
が差し込み、程良い明るさでとても良い雰囲気です。二人ベッド
に横たわったまま、また話を始めました。

私 「ランちゃんは彼氏いるの?」
ラ 「ううん。今いない。1年くらい前に別れた」
私 「どのくらい付き合ったの?」
ラ 「2年くらい」
私 「そうなんだ?」
ラ 「うん。他に好きな人出来たって」
私 「あらら。可哀想に」
ラ 「多分、彼、もう子供いる」
私 「随分早いね」
ラ 「うん。でも今自由。自由がいいよ」
私 「そうだね。自由がいいよね」
ラ 「でも自由は寂しいよ」
私 「確かにそうだけど。だったら彼氏作れば?」
ラ 「彼氏いたらこの仕事できない」
私 「別にすればいいじゃん」
ラ 「できないよ。今は自由だから、たくさん男とできる」
私 「あはは。そっちかよ(笑)スケベだね」
ラ 「うーん、ちょっとだけ」
私 「スケベなんだ?(笑)」
ラ 「でもあなた、もっとスケベでしょ?」
私 「はい!その通り。じゃ、ランちゃんのスケベチェックね」

こんな会話をして凸凹が始まりました。キスをした後、彼女が上
になって私の乳首を舐めてきました。これは期待できるかな?と
思ったのもつかの間。

ラ 「コンドームある?」

この一声で少し興醒めしました。このパターンかよ、と内心こう
呟き、ここで持ってきたら面白くないと思って少し意地悪したく
なりました。

私 「ないっていったらどうする?」
ラ 「私家に帰る」
私 「あはは。あるから大丈夫だよ。ちょっとその前に・・・」

そっちが攻めないならこっちが攻めるまで。攻守交代で私は反撃
に出ました。上から順番に舐めていき、下へ下へと下がっていき
ました。凹付近に来ると手でしっかりガードしています。

私 「手をどけて」
ラ 「駄目。恥ずかしいから」
私 「恥ずかしくないよ。大丈夫」
ラ 「駄目駄目」

そう言って彼女は身を捩って逃げようとしています。逃すものか
私は人間工学を手に取りました・・・
私 「じゃ、これ使ってみようか?」
ラ 「駄目。使ったことないし怖いから」
私 「大丈夫だよ。怖くないから」
ラ 「駄目。凸がいいよ。ニセモノいらない」

どこかで聞いたセリフでした(笑)同じお店で以前お餅したぶー
ちゃんが同じ事を言ったのを思い出しました。此処のKTVは、
どうやら人間工学対策をしているようです(爆)あまりごり押し
するのは好きではないので、人間工学の使用を断念し、仕方なく
凸に帽子を装着したのでした。アジアの水鉄砲にも一分の魂と
言わんばかりに、自分では小技を効かしてるつもりで奮闘しました。
この日も少し時間が掛かりましたが、なんとか昇天して、終了と
なりました。

今回の旅では、人間工学を一度も使用することなく終わってしまい
深く反省しています。もう数日で渡比しますので、その時にこそ
雪辱を晴らしたいと思っています。

【小姐の一言】

疲れた。あなた強いね!


banner_02.gif e_04.gif
よろしければクリックしてください。



スポンサーサイト
この記事へのコメント

raccoonさん
どうやら、中国娘とは相性が悪いみたいですね!

でも、今ごろは、昨夜の思い出を胸に、タイに向かっている事でしょう??

頑張ってください!!(爆
amy [URL] 2006/07/11(火) 09:19 [EDIT]

先程帰って参りました(爆)
随時更新していきますのでお待ちください。
raccoon [URL] 2006/07/17(月) 16:13 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。