フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/29
長い夜の狭間で・・・ ~その2~
トトさんの部屋での会話。

ト 「どうだった?」
私 「やっぱ無理ですよ」
ト 「逝かなかったの?」
私 「はい。トトさんは?」
ト 「逝ったよ!」
私 「逝ったんですか?」
ト 「うん。それに逝かしてやった」
私 「マジですか?どうやって?」
ト 「手でしごいてやったさ」
私 「トトさんはどうやって?入れたんですか?」
ト 「入れるわけないじゃん!手で逝かしてもらったよ」
私 「そうなんですか?」
ト 「君はどうなの?」
私 「一応順番にしてもらった後、バックの体勢になったから
   帽子付けてあてがったんですけど・・・」
ト 「あてがったんだ?あはは!入れようとしたんだ?」
私 「まぁ一応。でもすぐ萎えて駄目でした。」
ト 「チュパはしてもらったの?」
私 「してもらいましたよ。トトさんは?」
ト 「僕もしてもらったよ。それに舐めたさ!
私 「舐めたんですか?くわえちゃったんですか?」
ト 「流石にそれは出来なかったけど、玉も舐めたし竿も舐めたよ」
私 「あっはっは!舐めちゃったんだ?」
ト 「あー舐めたさ!」
私 「で、どうやって逝かしたんですか?」
ト 「ローション付けてしごいてやったよ」
私 「手コキで逝かしたんですね?」
ト 「結構長くてさー、細くて先っちょ曲がってるんだけど、それを
   しごいてやったらぴゅーって」
私 「こっちは2人ともノーフィニッシュですよ」
ト 「でもあてがったんでしょ?」
私 「あー!あてがいましたとも!」

トトさん舐めちゃったそうです(爆)あてがってる私も大きな事は
言えませんが(自爆) その後2人を帰しました。

ト 「いい歳こいてなにやってんだろうな?」
私 「本当ですね」
ト 「なんか後悔してきた」
私 「逝っちゃいましたからね」
ト 「それに舐めたし?」
私 「そうそう」
ト 「まぁ済んだ事は仕方ないよね?」
私 「はい。仕方ないです」
ト 「しかし君が連れて帰るって言うとは思わなかったなー」
私 「なんかブログの為に体張っちゃいましたよ。トトさんだけ
   おいしそうじゃないですか?」
ト 「あはは、確かに。でも吃驚したな~」
私 「自分でも吃驚ですよ」
ト 「あはは」
私 「で、これからどうします?」
ト 「どうしよっか?」
私 「もう1時過ぎてるからテーメーも終わってると思いますけど
   一応行ってみます?(後で聞いたら2時閉店とのこと)」
ト 「そうしようか?なんかバクラで締めってのもなんだしね」
私 「そうですね。それじゃ行きますか?」

私達は再びホテルを出てテーメーカフェに向かいました。出来る
だけ、警備員と目を合わさないようにして・・・(笑)
スポンサーサイト
この記事へのコメント

私も逆ピロ~シャワ~に挑戦してみようかな(爆)!
ぶっかけ大魔王 [URL] 2006/07/29(土) 20:47 [EDIT]

是非夢?を叶えて下さい(爆)
raccoon [URL] 2006/07/29(土) 20:50 [EDIT]

>僕もしてもらったよ。それに舐めたさ!」
>「結構長くてさー、細くて先っちょ曲がってるんだけど、それを しごいてやったらぴゅーって」

トトさんもやるときはやるのですね(爆)。
A-chan [URL] 2006/07/30(日) 16:20 [EDIT]

はい、やってくれました!(笑)
raccoon [URL] 2006/07/31(月) 00:25 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。