フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/05
久し振りの木馬
EIECでtani-pさんとまずはファイアーハウスへ。あとで気付いた
のですが、ロビンさん、ロビソさんはピットストップの横で珈琲
を飲んでいました。私とtani-pさんは、女の子そっちのけで話を
していると、一人のGROが寄ってきました。

女 「女の子選ばないの?」
私 「後でね!」
女 「どうして?私が連れてきてあげようか?」
私 「要らないよ!女嫌いだから」
女 「冗談でしょ?私はどう?」
私 「君は友達が連れて帰ったことあるから駄目だよ」
女 「なんて名前?」
私 「秘密」
女 「教えてよ~」
私 「明日か明後日来るから楽しみにしてなよ」
女 「分かった」

そして向こうへ行きました。KenKenさん、彼女ウザイですよ!(爆)

暫く飲んでから場所を移動。順番に一回りしましたが、これって
子が見つかりません。一旦ロビンさん達の所へ戻りましたが、檄を
飛ばされて再び巡回。しかしやっぱり駄目で再度ロビンさん達の所
へ戻っていきました。するとロビソさんが、木馬へ行きますか?と
仰って下さったので、早速移動することになりました。

木馬に入り、後側のボックス席に陣取りました。女の子を眺めたり
話をしながら久し振りの木馬を堪能していると、なんか見覚えの
ある女の子が控え室?に入っていくのが目に入りました。彼女も
私の方をじーっと見ているので、不思議に思ってよくよく見直すと、
なんとHちゃんでした。私の表情を読みとり、Hちゃんがこちらに
やってきました。私は彼女が木馬に復帰したと聞いてなかったので
軽く混乱していました。

H 「久し振り」
私 「久し振り」

何をどう話していいのか分からず、じっと彼女を見ていました。

H 「ごめんなさい。6月に復帰したの。今は仕事に戻れて
   幸せよ」
私 「うん。(あれ?仕事嫌いだから辞めたって言ってたけど?)」
H 「今日はゲストがいるので一緒には帰れないの?ごめんね。
   約束は明日だったよね?必ず行くから」

彼女はそう言って私にキスし、そして去っていきました。なんか
釈然としないなぁと思い、少し考え込んでしまいました。別に
復帰したのなら、そう言ってくれればいいのにどうしてだろう?
とか、復帰したんだったらこちらも無理に誘わなかったのに、など
いろいろです。そんな私の雰囲気を察してか、ロビソさんがこう
言いました。

ロ 「ばら撒きますか?」
私 「あ!そうですね!やっちゃおうかな?でもP20全然持って
   ないですよ。ちょっとあるかどうか聞いてきます。」

しかしP20の在庫はなく、P100分しかないと言うので諦めて
席に戻りました。ロビンさん達にその旨話をすると、暫くしてこう
言いました。

ん 「今からロビソさんが家に取りに行ってくれるそうです」
私 「え、いいんですか?」
そ 「はい」
私 「すいません。何から何まで」
ん 「じゃ、ちょっと待っててくださいね」
私 「はい。分かりました。」
ん 「何枚要りますか?」
私 「とりあえず100枚で」
ん 「では」

そういってロビンさん達は一旦木馬を出ました。するとtani-p
さんが、私に話しかけてきました。

T 「あれ?どうしたんですか?」
私 「これこれしかじかで、今取りに行ってくれてます。」
T 「なんだ、私も誘って下さいよ!」
私 「tani-pさんもばら撒きますか?」
T 「是非!」

私はすぐにロビンさんにもう100枚お願いしますとTXTしました。
すると、了解と返信があり、続けてばら撒くなら前に席を移動した
方がいいです、とのことでしたので、ウェイトレスを呼び、移動する
と伝えました。その後前方の席へ移動し、直にロビンさん達も帰って
きました。ロビソさんは、席に着くなり懐からP20の束をボンと
2つテーブルに置きました。私とtani-pさんはP2000ずつロビソ
さんに支払い、そして封を切ります。いくつか丸めていくと、一部の
女の子が気付きました。そしてまとまったところで投げました。
キャーキャー言いながら取る女の子達。それを見た別の女の子達も
次第に寄ってきます。そして再び丸めて投げました。最初様子を見て
いたtani-pさんでしたが、いきなり札吹雪で女の子達を悩殺し始め
ました。その様子を見て私達3人は大笑い。いや~豪快な札吹雪
でした。ウェイトレス達も気付いて、こっちに投げろとかあっちに
投げろとか言ってきます。私は相変わらず丸めたものをあちこち
投げてP2000終了。するとロビソさんが

そ 「もういいですか?」
私 「はい。満足しました。」
そ 「まだありますけどいかがですか?」
私 「あれ?結局全部持ってきたんですか?」
そ 「はい」
私 「どうしようかな?」

一瞬考えたあと、更にP2000両替してもらいました。私は同じ
調子で丸めていましたが、tani-pさんはステージを一周しながら
豪快に札吹雪。合わせて200枚も終了となりました。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

こん○○は。
ばらまきもいいのですが、ベルのように名前が残らないのが少し悲しいんです。
そこで、
次回からは、ロビソさん銀行で名前入りのP20を発注しようと思います。www
tani-p [URL] 2006/08/07(月) 00:19 [EDIT]

>そして向こうへ行きました。KenKenさん、彼女ウザイですよ!(爆)

何故私の名前が・・・
そのようなババエは知りません(汗)
KenKen [URL] 2006/08/07(月) 08:54 [EDIT]

tani-pさん

ばら撒いてから鐘を鳴らせば名前残りますよw

KenKenさん

そうなんですか?KenKenさんの次回の渡比に
空港に迎えに行くように指示しておきます(爆)
raccoon [URL] 2006/08/07(月) 11:30 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。