フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/21
期待に膨らむ・・・
3人で部屋に入ると、移動もあったせいか軽い疲労を感じました。
ベッドに俯せに横たわっていると、上品系がマッサージしてくれ
ました。彼女は狐目系の方がマッサージ上手だよと教えてくれて、
その話を聞いていた狐目系は、本当に上手だよ、後でしてあげる
とやる気満々。暫くして交代し、狐目系にマッサージしてもらい
ました。自分で言うだけあってかなり上手でした。少しうとうと
していると、上品系がバスルームへ。確か3人でシャワーに行く
約束では?と思いながら、少々面倒臭くもあってまぁいいかって
かんじでした。今度は仰向けでマッサージ。すると上品系がバス
タオル1枚巻いて戻ってきました。その後もかなりの時間丁寧に
マッサージしてもらい、狐目系と一緒にバスルームへ行きました。
身体を洗ってもらい、先に私は出ました。上品系は既にベッドに
横たわっていて、私はその横に雪崩れ込みました。彼女はすぐに
手を伸ばしてきて、私の凸を刺激しています。私もバスタオルを
少し捲ってモミモミしました。上品系の乳輪があまりにも大きく
て少々幻滅。脇腹の辺りをスリスリするとかなりの贅肉。この時
正直失敗したかな?と思いました。仕方なくスリスリモミモミを
続行していると、狐目系が戻ってきて私を真ん中にして川の字に
寝そべりました。狐目系はすぐに起きあがり、部屋の電気を全て
消しました。これじゃ何も見えないよ!チュパも凝視出来ない
じゃん!と思いましたが、既にテンションかなり低め私。抵抗
せず、例の如くまぁいいか、で済ましてしまいました。真っ暗な
部屋で仰向けに横たわっている私。上品系はテコキ、狐目系は
自分の乳首を私に含ませるような格好で覆い被さってきました。
完全に彼女達に主導権を取られ、私は為すがまま状態。

狐 「帽子ある?」
私 「あるよ、そこに」

狐目系はさっと取り出し、破って上品系に渡します。上品系は
さっと凸に被せてチュパし出しました。え?ゴムチュパ?そう
思いながらも、まぁいいやって思ってしまいました。チュパに
疲れると彼女はパイズリしだしました。これはちょっと気持ち
良かったですが、完全に戦意喪失していた私は自分から行動を
起こそうという気持ちが全くありません。なのに狐目系は違う
乳首を私の口へ持ってきて、暗に舐めろと言わんばかり(苦笑)
これも仕方なく舐めてしまいました(泣)暫くこの苦痛?を
味わっていると、上品系がバスルームの方へ行ってしまいました。
どうしたんだろうと考えていると、狐目系が挿入しろと言うので
その通りにしました。正常位でおざなりの凸凹をしてましたが、
上品系がなかなか戻ってこないのが気になって、逝くことすら
儘なりません。上品系が戻って来ないことには交互に凸凹出来
ないからです。腰を打ち付けながらかなり待っていましたが、
動くことすら馬鹿らしくなってきて、力を振り絞ってなんとか
逝くことが出来ました。凸を抜くと狐目系は小走りにバスルーム
へ向かいました。すると彼女は振り返ってこう言いました。
狐 「彼女、う○こだって!」

おめぇー糞なんかしてんじゃねーよ!
気の弱い私は心の中で叫びました。そして3人で朝まで爆睡。
朝に上品系と凸凹しようと企んでいたら、私が起きた時点で2人とも
すっかり着替え終えてました(泣)帰り際に狐目系が一言。

狐 「チップは?」

この一言に軽く切れた私は、上品系はしてないからチップはあげない
と言いました。もう早く2人に帰って欲しかったのですが、狐目系
は何やらメモを書き始めました。

狐 「これ私の電話番号。今夜もテーメーに行くなら電話して」
私 「あー分かった」

そしてようやく2人が帰ってくれました。約束守らない奴らには
二度と会いたくありませんので、メモは速攻ゴミ箱行きになった
のは言うまでもありません。

こんな状況でしたので写真はありません。amyさん、ご免なさい!

なお、期待に膨らんでたのは本当に最初だけでした。思わせぶりな
タイトルでご免なさい。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

ええぇぇっ とんだ展開になってたんですね(驚)

こっちは荷造りしながら、今頃仁王立ちしてるんだろうなぁと
思ってたことはいうまでもありません(笑
Bengal [URL] 2006/09/21(木) 19:20 [EDIT]

はい。私も仁王立ちしたかったです(泣)
そして両側から・・・なんて想像してたのとは
大違いでした。世の中上手く行きませんねぇ(苦笑)
raccoon [URL] 2006/09/21(木) 19:25 [EDIT]

楽しく拝見させて頂きました。
写真が無いには、仕方が無いですね。
次回は、仁王立ちを目指してください。(笑
両手に人間工学持って、アジアの大砲と3本立てなんて如何でしょうか。
amy [URL] 2006/09/21(木) 21:14 [EDIT]

アジアの水鉄砲ですから、2本も持っていたら
本物要らずになってしまいますよ(泣)
raccoon [URL] 2006/09/22(金) 02:06 [EDIT]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2006/09/22(金) 20:27 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。