フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/10
K2号との再会 ~第2話~
ロビンソン内で待ち合わせしましたが、フィリピンタイムなので
やはり時間通りには来ません(困) 約束の時間から30分過ぎて
TXTが入ってきたので電話をかけました。

K 「今どこ?」
私 「ベンチの前にいるよ」
K 「すぐ行く」

それから更に20分。しびれが切れたので電話してみました。

私 「今どこ?」
K 「もうすぐ着く」
私 「さっきすぐ行くって言ったじゃん。まぁいいや。ベンチ
   で待ってるからね。」
K 「分かった」

それから暫くして電話がありました。

K 「今ベンチにいる。何処にいる?」
私 「ベンチの前だよ。さっき間違えないように説明したじゃん」
K 「・・・」
私 「まぁいいや。そっちに行くから待ってて」
K 「分かった」

約束の時間から1時間過ぎてようやく会うことが出来ました。久し
ぶりに会った彼女は以前より痩せていて可愛くなっていました。

私 「ひさしぶり」
K 「ひさしぶり」
私 「ちょっと痩せたか?」
K 「うん」
私 「お茶しに行こうか?」
K 「うん」

喫茶店に入り色んな話しをしました。過去のこと、別れてからの
こと、そしてこれからのこと。

私 「ダバオに帰ってどうするの?」
K 「多分何かのセールスレディ」
私 「そっか。でもなんでダバオに帰る?」
K 「疲れた。あの仕事に意味はない」
私 「・・・。帰ってからも元気でね」
K 「ありがとう」
私 「もしダバオに行くことがあったら連絡するよ。多分ないと
   思うけど」
K 「分かった」

意味はない・・・そう言った彼女の言葉に一瞬ドキッとしました。
そして喫茶店を出て、途中まで一緒に歩きました。彼女は腕を
掴んできましたが、そのまま知らない振りして歩きました。そして
僕達は別れました。彼女と会うことは多分もうないでしょう。

スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2006/10/10(火) 22:47 [EDIT]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2006/10/11(水) 06:37 [EDIT]

へー、K2ちゃんと何もしなかったんですねえ。
かわいくなっていたのに、どうしてまた?
会話が原因ですか?
高田 [URL] 2006/10/15(日) 02:32 [EDIT]

別れた彼女には手を出せません。
夜の仕事とはいえ一応そっちは素人ですからね。
変に含みを持たせても悪いし、邪な考えで
彼女を抱いてもそれこそ彼女に失礼ですよ。
マジレスですみません^^;
raccoon [URL] 2006/10/15(日) 03:35 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。