フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/30
運命の糸
1通のTXTの主はなんと高田さんでした。アンヘ到着後に
高田さんから丁重なメールを頂いていたので、どんな内容かは
およそ見当がついていました。

高 「raccoonさん?高田です」
私 「そうです。メール返信しましたがそれから見てません」
高 「英語の方がいいのですが」

この時私は内心、え!と思いました。英語力の無さを自分で痛感
しているからです。女の子達には痛い英語でも平気で話している
のに、やはり同じ日本人同士で痛い英語と思われるのはとても
恥ずかしいのです。ドキドキしながら平静を装いOKと返信(汗)
何度かやりとりすると、あるお店にいる馴染みの女の子にチップ
を渡して欲しいとのことでした。そしてトトさんとの会話。

私 「ここのお店ってさっき行ったところですよね」
ト 「うん」
私 「呼び込みの可愛い女の子に釣られて入った・・・」
ト 「そうそう」
私 「あそこで可愛い子ってあの呼び込みの子くらいですよね」
ト 「そうだね」
私 「ってことはやはりあの子ですよね」
ト 「うん」
私 「とりあえず今からそこへ付き合ってもらっていいですか?」
ト 「いいよ」

そして食事代を精算して、その店に向かいました。店の前まで来る
と、先程の女の子はいません。別の女の子に尋ねてみました。

私 「○○って子いる?」
女 「ええ」
私 「ちょっと呼んできてくれる?」
女 「OK」

暫くすると一人の女の子が出てきました。

私 「あはは!やっぱり彼女でしたね」
ト 「そうだね」

一応確認のため彼女に質問したところ、キーワード的な答えが
帰ってきたので確認完了。

○ 「あなた友達?」
私 「うん」
○ 「あはは」
私 「彼にチップを渡してくれって頼まれたんだよ」
○ 「そうなの?いくら」
私 「********」
○ 「本当?」
私 「うん」

この時彼女は周りにいた女の子達から羨望の眼差しでみられて
いました(笑)

私 「じゃ、確かに渡したからね」
○ 「うん、ありがとう」
私 「じゃね!」

その後高田さんにもTXTして任務完了。

しかしどうしてこうも高田さんと縁があるのでしょうねぇ?今回は
兄弟にこそならなかったものの、連絡のある前から高田さん馴染み
の女の子と偶然会ってしまうなんて。運命の糸に手繰り寄せられた
って感じでしょうか(笑)
スポンサーサイト
この記事へのコメント

> キーワード的な答え
あははは、私の下の名前、亨(とおる)を知っている
女の子は稀有なんですけどね。

racconnさんは、ひきつけられるように
亨という名を知る女の子に邂逅しますね。大笑

>兄弟にこそならなかったものの

本当ですか? 笑
高田 [URL] 2006/10/31(火) 00:42 [EDIT]

何故でしょうねぇ?行く場所が限定されているとはいえ、
こうも重なってしまうのは本当に不思議ですねぇ。

>本当ですか? 笑

彼女と私だけの秘密です(爆)
raccoon [URL] 2006/10/31(火) 15:55 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

アンヘ-USホットライン
もう一件、今回のUSA出張中の話です。知る人ぞ知ることですが、私と raccoon さんは特別な関係です。特別な関係って、別に凸凸関係ではないですよ。苦笑まだ直接会ったことはないですが、不思議な因縁で結ばれておるようです。一度早くお目にかかりたいと思っております。さ [続きを読む]
プラスティックラブの彼方に | 2006/10/31(火) 00:43
Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。