フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/18
鑑賞会?
部屋に戻り、Hちゃんと少し話をしました。

私 「ずっとお店休んでるの?」
H 「うん」
私 「体の調子まだ良くないの?」
H 「そういう訳じゃないけど」
私 「それならいいけど。ところで以前ボラカイの話したよね?」
H 「うん」
私 「まだいつか分からないけど、一緒に行ってくれる?」
H 「勿論」
私 「行く日程が分かったら日本から電話するね」
H 「待ってる」

時間も遅くなってきたので、彼女にシャワーを勧めました。彼女が
シャワーを浴びてるときに電話が鳴りました。電話の主はトトさん
でした。

私 「どうしたんですか?」
ト 「淫獣に秘薬見せたら飲む飲むって五月蠅くてさぁ」
私 「あはは!そうなんですか?」
ト 「そしたらまだ飲むって言うんだよ」
私 「凄いですね!」
ト 「悪いけど余分に持ってないかな?」
私 「ちょっと待って下さい・・・あ!ありますよ」
ト 「本当?今から取りに行くよ」
私 「それじゃ私がそちらに行きますよ」
ト 「なんで?」
私 「ついでにカメラ持っていきますから撮影してください」
ト 「あぁ!分かった」
私 「それじゃ後ほど」

そう言って電話を切りました。その後すぐにHちゃんがシャワー
から出てきたので、事情を説明して私はトトさんの部屋に向かい
ました。

私 「持ってきましたよ」
ト 「ありがとう」
私 「ちょっと中に入っていいですか?」
ト 「うん」

中に入ると淫獣がソファーに座ってました。その横にトトさんが
座り、2人に向き合って私が座りました。淫獣はバスタオル1枚
巻いただけの格好。その瞬間に色んなことが頭に浮かびました。

私 「ちょっと足広げて」
淫 「えぇ~!」
私 「いいから」

さりげなく横にいたトトさんがサポートしてくれました。

ト 「こんな感じ?」
私 「あぁ、いいですね」

私は会話しながら急遽カメラマンになりました。

ト 「今度はこんな感じで」
私 「あはは!いいかも!」

トトさんは淫獣の凹を指で広げていました。

私 「良い感じです♪」
淫 「キスして!キスして!!」

淫獣がトトさんの唇を求めていました。トトさんはそれに応え、
私はその瞬間を撮影。

ト 「今度はこんなのどう?」
私 「ぎゃはは!」

徐にトトさんは淫獣の凹を舐めはじめました。

私 「面白いですね!」
ト 「ふむ」
私 「トトさんの頭で何も見えないですよ」

私はトトさんの頭を動かし、角度を変えて再び撮影。今度は
バッチリ!

私 「じゃ今度はそこに手をついてお尻突きだしてね」

数枚撮った後、トトさんにこう言いました。

私 「ちょっと撮影してるから始めて下さいよ」
ト 「えぇ~!嫌だね!」
私 「前に見せてくれるって言ったじゃないですか!」
ト 「君だけ服着てるのはずるいよ」
私 「そうですか?」
ト 「君も脱いで3Pするならいいよ」
私 「それはちょっと無理です」
ト 「それじゃ駄目だね」
私 「えぇ!じゃ諦めます」

非常にいいチャンスだったのですが、見事に却下されて
しまいました。諦めて自分の部屋に戻ると、Hちゃんは
既にベッドで寝ていました。

スポンサーサイト
この記事へのコメント

あははは
トトさんとのコンビは最強!
第二のサ○○ンシリーズ?(爆)
jaiana777 [URL] 2006/11/18(土) 11:37 [EDIT]

ありがとうございます(笑)
写真館にアップ完了です!
raccoon [URL] 2006/11/18(土) 11:51 [EDIT]

すばらしい!
サシンが無くても情景が眼に浮かびます。
(♂の顔はあまり想像したくないけどね)
KenKen [URL] 2006/11/20(月) 08:54 [EDIT]

ありがとうございます。
ご自身に置き換えて色んな事想像しちゃって下さい!
raccoon [URL] 2006/11/20(月) 18:07 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。