フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/15
純がイマイチ・・・
ホテルに着き、4人でトトさんの部屋に向かいました。トトさんは
既に小姐とまったりモード。私達も思い思いに過ごしていましたが、
純が今一つノッてない様子。

純 「失敗したかな?」
私 「そんなこと無いでしょ?スタイルも良いし、今日の中では
   5本の中に入っていたと思うよ」
ト 「僕なんかかなりストライクだけどなぁ。僕好みの体だし、
   顔だって悪くないじゃん」
純 「そうかなぁ」
私 「いいと思うよ。気に入らなきゃまた明日見つければいいし」
純 「そうだね」
私 「今日の凸凹具合で決めればいいじゃん」
純 「分かった」

なんか純を慰めるような感じになってしまいました。純が落ち込む
のには訳がありました。実は行きの飛行機の中で、皆が女の子を
連れてクリスマスを派手にやろうと計画していたのです。トトさん
も私も相手は決まっていましたから、残るは純の相手だけ。2日の
間にクリスマスを一緒に過ごす小姐を見つけなければいけません。
イベント好きの純ですから、かなりしっくり来る小姐じゃないと、
満足しないどころかふてくされるのは目に見えてます。なので私も
トトさんも出来るだけのフォローを心に誓っていたのでした。

トトさんの部屋で随分まったりしたので、そろそろ部屋に戻ろうか
ということになりました。相変わらず浮かぬ顔をしていない純と私
はトトさんに挨拶をした後、それぞれの小姐を連れて部屋に帰って
行きました。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。