フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/09
純の渡比
このところ、すっかりサボり癖が付いてしまい申し訳ありません。
本日よりまた中国ですので、ネット環境次第でアップしたいと思い
ます。




悶々とした夜が明けました。この日は朝から大忙しです。実は純が
1年ぶりの渡比で、一人で動けない純の為にトトさんと私は空港に
迎えに行かなくてはなりませんでした。渡比前に3人で話していた
時に、LAで1人調達してから迎えに行くという約束をしたので、
私達は朝からLAに向かったのでした。朝なので、流石に質は良く
ありませんでした。

私 「どの子にしましょうか?」
ト 「そうだねー。ちょっと選ぶの難しいね」
私 「そうですね」
ト 「あの子どうだろう?」
私 「ちょっと厳しくないですか?」
ト 「そうかな?顔はおばさん臭いけど、スタイルは良くない?」
私 「確かにスタイルは良いですけど、顔はちょっとね・・・」
ト 「そうだよね・・・」
私 「あの子はどうです?」
ト 「ちょっと太くない?」
私 「でも顔はさっきの子より良いと思いますけど」
ト 「確かにね」
私 「早く決めないと純が着いちゃいますよ」
ト 「あれにしようか?」
私 「おばさん顔の?」
ト 「うん」
私 「うーん・・・」
ト 「いいや、あれで。どうせ僕の奢りだし、文句言わせないよ」
私 「確かに」

トトさんはママを呼び、彼女を連れて来させました。少し話して
みると、タレントの経験があるようで日本語も上手。純にあてがう
にはもってこいでした。時間がないので早速交渉。OKの返事を
貰うと、すぐに精算して5人でタクシーに乗り込みました。空港に
着き出口付近に向かうと、既に到着している様子。しばらく待って
いたのですが、一向に出てくる気配がありません。手荷物だけだし、
どうしたんだろうと思っていると、タクシー乗り場の方から純が
手を振ってやってきました。何故か純は嬉しそうにしていたので、
後々聞いてみると、到着した時点で居るはずの私達が居なかった
ので、心細くなっていたとの事でした。とりあえず皆が揃ったので
LAの子に打ち合わせ通りにウェルカムキスをしてもらい、車を
調達しに行きました。ニッサンの前に行き、ロータスガーデンと
告げると、たまたまホテルの人が横にいて、ホテルのバンを回して
くれるとのこと。少し待って車に乗り込みました。お腹が空いたと
いう純の為に、ホテルに直行せず、ロビンソンで降ろしてもらう
ことにしました。そして軽く食事を済ませた後、純のチェックイン
を済ませました。ここで純とは暫しお別れ、駆けつけの一杯を堪能
して貰うことにしました。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。