フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/14
再びアンヘレス
前日の凸凹の相手Tは、お笑い系だったのでスポーツのように
サクッと終了。その後マッサージを呼び、2時間程揉んでもらい
ました。結局この日は一人で夜を明かし、眠い目を擦りながら
朝食に向かうと、純とすれ違いました。既に朝食を済ませた様で、
その時に女の子も帰したそうです。そして一人で朝食を摂って
いると、トトさん達が登場。昨夜の話や、この日の予定の確認
などしながら朝食を済ませました。この日は皆でアンヘレスに
移動することになっていて、迎えの車は12時に到着すること
になっていました。まだ時間もあったので、ロビンソンに行き
少し買い物してホテルに戻りました。予定より早く車が到着して
いて、慌ててチェックアウトを済ませますが、この日は混雑して
いた上に、従業員の対応が遅く、かなり待たされました。何とか
無事にチェックアウトを済ませて、車に乗り込みアンヘレスへ
向け出発。

当初の予定は、勿論アンヘレス直行でしたが、Jちゃんの家が
パンパンガにあるということで寄り道することになりました。
Jちゃんとずっと一緒にいるトトさんは、ここであわよくば
Jちゃんを家に帰し、アンヘで弾けようと考えていました。
そして何とかJちゃんを説得しようと道中試みていましたが、

J 「マハール。一緒にいたい」

の一言で敢え無く玉砕。結局アンヘでもJちゃんと一緒にいる
ことが確定しました。そしてあっという間にJちゃんの家に
到着。挨拶だけ済ませて、すぐにアンヘに向かうつもりだった
トトさんの思惑は脆くも崩れ去りました。まずはトトさんに
中に入れとJちゃんが手招き。その後お父さんらしき人物が
私と純を手招きしています。仕方なく中に入ると、今度はお母
さんの手作り料理が出てきました。これを見た私はトトさんに
声を掛けました。

私 「ここで失礼しますね。ゆっくりしてて下さい。先に
   アンヘで弾けてますから」
ト 「分かった」

私達を羨ましそうに見つめるトトさんからは、少し哀愁が漂って
いました。そんなトトさんを残して、純と2人、アンヘへ向けて
再出発。ものの1時間程でホテルに到着し、早速純とバーホップ
開始です。今回もロイヤルアムステルダムに泊まったので近場の
バーから順番に覗いていきました。アンヘ初体験の純はこの環境
に少々驚いた様子。しきりに凄いな~を連発してました。そして
前回、トトさんと鐘を鳴らしたAGASYAの前まで来ると、まだ店は
開店してないものの、入り口付近に数名いたので彼らに近づいて
いきました。

店 「まだ開店してません」

予想通りの答えが返ってきましたが、ふと中を覗いてみると壁に
私の名前が書いているのが見えました。

私 「これ僕なんだけど、写真撮っていい?」
店 「あ!どうぞどうぞ」

P1110009-01.jpg


写真撮影が終わって御礼を言うと、後で来て下さいと言われ
ました。とりあえず今回の一つの目的である、名前の確認を
終えて、再びバーホップを続けました。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

先日確かに確認してきましたよ。
そして、私も写真を写してきました。www
でも、ここは、日付がないのが痛いですね。
tani-p [URL] 2007/02/16(金) 14:14 [EDIT]

確かに日付が無いですね。
今度行かれたときは、違うところのプレートも
是非確認してくださいね!

raccoon [URL] 2007/02/16(金) 14:56 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。