フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/06
K1号の場合 第2話
3月の渡比時の話。K1号とスービックの約束はしたものの、
行くまでは他の女の子と楽しいことがしたかったので、初日の
夜早い時間にL.A.へ出掛けました。すると友人のスービックの
パートナーだった子(B)がいてしばらく話をしました。その
子は気を利かせたつもりで、K1号を呼ぼうか?と聞いてきた
ので、後日自分で連絡するからと言って断りました。その後
L.A.内を探索し、割とすぐに仲間由紀恵の顔を少し細めにした
ような綺麗系の女の子がいましたので、迷わず彼女をお持ち
帰りする事にしました。凸凹終えたら飲みに行こうと、友人と
打ち合わせしていたので、部屋に行き早速凸凹開始。体も軽く
なり、約束の時間が来たのでロビーに行き、女の子を帰すこと
になりました。友人の一人は、気に入ったのでそのまま連れて
行くと言い出しました。それならどうぞお好きにということで
ホテルをあとにしました。50m位歩くと、BとK1号、女
連れの友人がスービックに連れて行ったLの3人が待ち伏せ
していました。

*分かりにくいので状況説明*

友人A、私&K1号、友人B&一緒にいた女&L、友人Cの
元パートナーB(この時友人Cは渡比していません。)

友人Bはかなりバツが悪いらしく、発見した瞬間に顔が歪み、
今にも溶けそうな表情をしていました。結局7人でマビニの
PPに行くことになりました。店に入って席に着き、女の子
を指名します。一段落したところで、私とK1号は再会を
喜び合い、友人Aは普通に女の子とはしゃいでいました。友人
Bは口数も少なくなり、連れの女とろくに話もせず、ステージ
で楽しそうにチョコラテを踊るLを眺めながら、ガンガン
テキーラを呷ってました。2~3時間ここで過ごし、ホテルに
戻りましょうということになりました。友人Bは、連れの女を
帰し、Lと一緒に帰ることになりました。こうしてK1号との
再会の夜が過ぎていきました。(あと1日再会が遅くてもいい
と思っていたのですが・・・)

スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。