フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
08 * 2017/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/31
Cとの再会 第4話
部屋に入ると、私はすぐに濡れた衣服を脱いで着替えましたが、
当然のことながらCは着替えを持っていません。いきなり脱げと
いうのも変なのでバスローブを掛けてあげました。落ち着いた
ところでCから話が話し始めました。

C 「どうして電話番号変わったの分かったの?」
私 「前にTXTくれたじゃん」
C 「そうだっけ?」
私 「忘れたの?」
C (苦笑)
私 「あなた誰?って何それ!名前くらい覚えておいてよ」
C 「電話が変わっちゃったからごめんね」
私 「別にいいけどさ」
C 「どうしてもお金がいるときに携帯売ったから」
私 「そっか」
C 「以前お金出してもらってたからそれ以上いえないし、
   あの時のことはすごく感謝してるの。」
私 「ふむふむ」
C 「そういえば、どうして彼氏いるって聞いてきたの?」
私 「別に意味はないよ。彼氏いたら来てもらうわけにいかないし」
C 「あなたは彼女は?」
私 「あれからはその時その時で」
C 「ふーん」
私 「あとは木馬のお姉ちゃんと会ってたかな」
C 「それで?」
私 「君は学校へ行かなくちゃ行けなかったから、時間的な制約が
   あるでしょ?それもあって会いやすい方に走っちゃったかな」
C 「ふーん」

その後J(友人Aの元彼女でCの親友)の話から、他の日本人に
好かれた話などいろいろ聞きました。1時間くらい話込んでいたと
思います。会話が途切れたところで私が先にシャワーを浴び、その
後Cにシャワーを勧めました。Cがシャワーからあがってくると、
何故か彼女の携帯からTXTが入りました。彼女の弟からでした。

弟 「Cの弟だけど、姉さんどうしてるか知らない?」

私の携帯をみせると、Cがすかさず返信しました。

C 「明日の朝帰るから」

Cの泊まりが確定しました。するとまた返信が。。。

弟 「姉さんをよろしく」

それを見て2人とも笑いました。
その後、久し振りの2人の夜が更けていきました。

今回Cと会ったのはこの時だけでした。その後は日程上会うことが
できず、TXTだけのやりとりでお別れしました。久し振りの再会は
どうなることかと思ってましたが、会って良かったと思います。
私の中では再びマハルコに昇格。今のところ2号かな!?



banner_02.gif e_04.gif
よろしければクリックしてください。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2006/04/02(日) 01:54 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。