フィリピンに関する出来事を中心に、勝手気ままに綴るブログです。
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/05
忙しい夜
ホテルに戻ると女の子がお腹が空いたと言い出しましたので、
チョーキンに連れて行こうとしたら、ルームサービスがいいと
言いました。まぁそれほど高い物ではないのでいいのですが、
結構待たされるのではないかと思っていました。予想に反して
割とすぐに注文した物がきたので、彼女は早速食べ始めました。
私は食事を済ませていたので、コーヒーだけを注文し、彼女が
食べ終わるのを待っていたのですが、大抵こういう場合、必ず
と言っていいほど私にも食べろと勧めてきますね。断りつつも
2~3口食べました。このあと、Jollibeeさんからお誘いのtxt
をいただいたのですが、この状況ではすぐには行けません。
後ほど会えたらLAで、ということになりました。

食事を終えた彼女と少し話した後、彼女にシャワーを勧めて、
早速凸凹開始。この日もなかなか逝けなかったのですが、なん
とか無事終了。時間を見たら12時過ぎでしたので彼女を送り、
その足でカラオケへ。ここは1セット90分なので、時間の
ある限り、CHちゃんを下ネタでからかったり、ちょっと
口説いてみたりしてました。この店を出た時はまだ2時前。
今度はLAに行きました。すでにJollibeeさん達も来ていて
たまにビリヤードしながらまったりと過ごしました。ある時
トイレに行こうとしたら、アーチーも一緒についてきます。
一緒に用を足しながら、私に話しかけてきました。

ア 「実はお母さんが心臓発作で倒れて今病院にいる。今日
   薬代のP6000が必要だから貸して欲しい。帰るまでには
   返すから。」
私 「ふ~~~ん」

分かったような分からないようなフリをしていると、

ア 「あとでホテルまで送っていくから、その時に貸して
   欲しい」
私 「ふ~~~ん」

この時も同じように分かったような分からないような返事を
しました。その後も、いつ帰る?と何回も聞いてきましたが、
まだ帰らないと答えて、私は席を立ちませんでした。早く
どこかへ行ってくれないかな?と考えていましたが、少し
席を離れてもすぐ戻ってきて、私の近くでひたすら席に座り
時には居眠りしながら、私が帰るのを待っていました。
5時頃になって私がようやく帰ろうとしていると、一緒に
立ち上がり、私をエスコートしながらLAの外に出ました。
ホテルに向かいながら彼は、とりあえず必要なP3000だけで
良いので何とかして欲しいと言ってきましたが、この時も
私は聞くだけで敢えて何も言いませんでした。ホテルに着き
部屋まで一緒に来たので、私はその時彼に、悪いけどお金の
貸し借りは嫌いなので貸せないけど、ここまで送ってくれた
からチップはあげるよ、と言ってP500渡しました。彼は私の
言ったことを理解してくれて、ありがとうと言って帰って
行きました。今思うともっと早く貸せないと言えば良かった
のですが、その時はその時で自分の中で葛藤していたの
です。貸せない額じゃないですからね。

兎にも角にもこうして4日目を終えたのでした。


banner_02.gif e_04.gif
よろしければクリックしてください。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

定番ですね・・・
家族が病気・・・定番すぎて笑えましたw
Bengal [URL] 2006/04/05(水) 21:40 [EDIT]

そうですよね?(笑)本当だったらと考えると気の毒に思えてきますが、
親しくなって断りづらいのを利用されるのは勘弁願いたいですね。
これの1ヶ月前に、彼はお父さんが撃たれたと言って、私の友人から、
いくらか貰ったようです。まぁこの類の話は、何もフィリピンに限った話
ではないですけど・・・
raccoon [URL] 2006/04/06(木) 00:10 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 日々是比律賓 ~花と蝶の物語~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。